ディセンシア「つつむ」はニキビに効果無し?ニキビの原因とケア方法とは

投稿日:

ディセンシアつつむ

つつむ」はディセンシアシリーズの中でも一番ベーシックな化粧品と言われています。

紫外線などの外部刺激を跳ね返す防御力と、その高い保湿力から「敏感肌化粧品の入門編」とも呼ばれているんですね。

そんなディセンシア「つつむ」はニキビにも効果があるんでしょうか?

 

気になっている方も多いかもしれませんね^^

そこで今回の記事ではディセンシア「つつむ」はニキビにも効果があるのかについて詳しくお話していきたいと思います。

是非最後までお付き合い下さい!

(※ニキビのケア方法は記事後半でご紹介しています!)

 

ニキビが出来る原因

ニキビの原因で有名なアクネ菌。

普段は毛穴の奥に潜んでいるだけで特に何も悪さはしないんですね。

ですが!毛穴に皮脂や汚れが詰まり「密閉された空気の無い状態」となると増える性質があるんですよ^^;

ニキビ女性

そして増殖したアクネ菌は炎症の元となる成分を作り出します。

こうしてニキビが出来てしまうんですね・・・^^;

 

ニキビがニキビ跡になるまで

ニキビはいくつかの段階に分ける事が出来ます。

初期段階は白ニキビ

皮脂が毛穴に詰まって白く盛り上がった状態の事です。

 

中期に入ると白ニキビが炎症を起こし赤ニキビへと変化するんですね^^;

赤ニキビはアクネ菌が増殖し炎症を起こした状態。

赤く腫れあがり痛みを伴います

 

赤ニキビを放置していると「ニキビの末期段階」黄ニキビとなってしまいます!

黄ニキビは炎症が激しくなって黄色い膿が溜まった状態・・・。

 

このニキビを最後まで放置していると最終的に爆発し膿が流れ出てきます。

そしてニキビがあった場所にはクレーターのようなくぼみニキビ跡」が残るんですね^^;

ニキビ跡

 

ディセンシア「つつむ」はニキビに効果あり?

ニキビは

  • 皮脂
  • 脂分
  • 空気中のチリやホコリ

といった汚れが毛穴に詰まり出来てしまいます。

ではそんなニキビにディセンシア「つつむ」は効果があるのでしょうか?

 

実はディセンシア「つつむ」シリーズには

  1. 刺激緩和成分「スキンリリーフ成分」がお肌を守りつつ、うるおいを与えしなやかに洗い流す「ジェントルクリームウォッシュ」
  2. きめ細かいホイップクリームのような泡がお肌への物理的なダメージを抑える「ジェントルクリーム」
  3. 必須保水成分を贅沢に与え、水分蒸発を防ぎつつ肌本来の保水機能を高める「ローションセラムE」
  4. 外部刺激からお肌を守るのと同時に角質内部からうるおいを与え閉じ込める「フェイスクリームR1」

といったラインがあるんですね!

ディセンシアつつむシリーズ

つまりニキビの原因である皮脂や汚れを根こそぎ洗い落とし、しっかり保水・保湿する事でニキビの発生を抑え込んでくれるんですよ^^

 

実際、ディセンシア「つつむ」を使った方の口コミには

  • ニキビ肌をケア出来た!
  • ニキビの悪化が止まった^^
  • 赤みが引いた!

なんて感想が多かったんですね!

もし今まで使ってきたニキビケア用化粧品に満足していないならディセンシア「つつむ」を試してみるのも良いかもしれませんよ^^

 

スキンケア方法を見直す

ディセンシア「つつむ」はニキビのケアにも有効的だと言えるでしょう。

ですが正しいスキンケア方法を身につける事で、更に効果的にニキビをケア出来るかもしれません。

そのスキンケア方法とは

  1. 洗顔前は手を洗う
  2. 洗顔料はシッカリ泡立てる

なんですね!

ではさっそく見てみましょう^^

 

洗顔前は手を洗う

手は普段の生活の中で最も雑菌が付きやすい部位でもあります。

もし雑菌が付いた手で洗顔してしまうとニキビが出来やすくなってしまう可能性があるんですね^^;

なのでディセンシア「つつむ」で洗顔する前は必ず手を洗いましょう!

洗顔前に手洗い

 

洗顔料はシッカリ泡立てる

洗顔料がしっかり泡立っていないと、汚れを落とそうとしてお肌を強くこすってしまいがち・・・。

ですがお肌を強くこすると摩擦によって毛穴に負担がかかりニキビの原因になる可能性が^^;

なので洗顔料はしっかり泡立てて、泡だけで洗顔するように心がけましょう!

↓ディセンシア「つつむ」の効果的な使い方をもっと知りたい方はコチラ!↓

【注意!】ディセンシア「つつむ」の効果的な使い方と間違った使い方!

 

ニキビを予防する生活習慣

ディセンシア「つつむ」を使い、シッカリとしたスキンケアを身につければニキビとはサヨナラです!

とは言えスキンケア以外のニキビ予防法も知っておけば、更に効果的にニキビを防ぐ事が出来るんですね^^

 

その方法は

  • 頻繁に顔に触らない
  • しっかり睡眠をとる
  • 栄養バランスの良い食事

といったものです。

 

頻繁に顔に触らない

上記でも説明していますが手は身体の部位の中でも最も雑菌が付きやすい場所。

そんな手で頬杖をつくなど無意味に触っていると、ニキビが発生してしまう危険性が高まってしまいます^^;

 

いくら小まめに手を洗っていても限度というものがありますよね・・・。

なので無意味に顔を触らないよう出来る限り意識してみて下さい。

 

しっかり睡眠をとる

睡眠不足はお肌の免疫力を下げ、二キビなどの肌荒れを起こしやすくしてしまいます^^;

健やかでニキビの無い理想的なお肌を保つためには規則正しい睡眠は不可欠です。

夜更かしは出来るだけ控え、質の高い睡眠を十分にとる事をおすすめしますよ!

 

栄養バランスの良い食事

栄養バランスの取れた食事もニキビを押さえるのに効果的と言えるでしょう。

ニキビを予防するためには揚げ物やジャンクフードは控え、野菜や穀物といった健康的な食事をメインにして下さい。

健康的な食事

また、皮脂の過剰分泌を抑える

  1. ビタミンB1(ピーナッツ・たらこ・うなぎ等)
  2. ビタミンB2(レバー・納豆・ブロッコリー等)
  3. ビタミンE(アーモンド・ツナ・大豆・長いも等)

が含まれる食材を積極的に摂取するのがおすすめですよ^^

 

関連記事

ディセンシア|アヤナス・サエル・つつむ選び方!知らないと効果なしってマジ?

ディセンシアつつむ 口コミ

 

 

-つつむについて

Copyright© ディセンシア|アヤナス・サエル・つつむ選び方!知らないと効果なしってマジ? , 2019 All Rights Reserved.