ディセンシア・アヤナスでニキビが?調べた結果驚きの原因が明らかに

投稿日:

アヤナス公式画像 

アヤナスはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から販売されている、大人のエイジングケア用基礎化粧品。

そんなアヤナスを使用して「ニキビが出来た^^;」といった口コミがあったんですね・・・。

敏感肌用の化粧品なのに、「どうしてニキビが出来てしまうのか」気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、ディセンシア・アヤナスでニキビが出来てしまう原因について調べてみました。

ご興味のある方は是非最後までご覧になってみて下さい!

ニキビが出来た女性

 

ディセンシア・アヤナスを使用してニキビが出来た口コミ

ディセンシア・アヤナスは、エイジングケア用の基礎化粧品として高い人気を誇っています。

あの有名な美容コスメの総合口コミサイト「アットコスメ」でも連日書き込みがあるほど注目を集めているんですね。

そんなアットコスメにいくつか悪評があったんですよ・・・。

 

その悪い評価・評判を少し見てみましょう。

評価★☆☆☆☆

ほうれい線やしわが気になっていたのでガッツリ塗ってみました。

 

すると翌日鼻の頭にポツンとニキビが・・・。

 

その後アヤナスの使用を中断したらニキビが治りました。

 

これは間違いなくディセンシア・アヤナスがニキビの原因だと思います。

評価★★★☆☆

混合肌でいろいろ化粧品を試していました。

 

そこで出会ったのがディセンシア・アヤナスです。

 

さっそく試してみるとかなり良い感じでした^^

 

ですが使い始めて3日後、なんとニキビが出来てしまったんです;;

 

気に入っていただけに残念です・・。

評価★★☆☆☆

私は脂性肌なんですが、友人にすすめられアヤナスを使ってみました。

 

ですが使った時から「なんかベタつく・・・」といった感想。

 

翌日の起床後、すぐに異変に気付きました。

 

おでこにニキビが出来ていたんです!

 

やっぱり「あのベタつき」が原因だと思います。

 

それから使用を中断して、以前から使っている化粧品に戻したらニキビはすぐに消えました。

などの口コミがありました。

その他にもいろいろあったんですが「一番多かった」内容の悪評をピックアップしてみました。

このような悪評があったら「購入は諦めようかな・・・」なんて思ってしまいますよね^^;

 

そこで上記の口コミからニキビの原因を調べていたら、このような原因が出てきたんですよ!

  • アヤナスの1回の使用量が多過ぎ
  • 混合肌なのに全体にまんべんなく塗った
  • 脂性肌なのに使った

 

アヤナスの1回の使用量が多過ぎ

アヤナスは敏感肌用基礎化粧品ですから保湿効果が非常に高いんですね。

なので皮脂の分泌量が多い部位大量に塗るとニキビが出てきてしまう可能性があるんですよ。

またアヤナスシリーズには保湿美容液やクリームといった「油分」が多い化粧品もあります。

 

こういった化粧品を塗り過ぎるのもニキビの原因と考えられるんですね。

つまり保湿効果が抜群のアヤナスだからこそ「1回に使用する量が多過ぎるとニキビの原因になり得る」という訳なんです。

ですがそうすると「じゃあ、アヤナスはどれくらいが適量なの?」といった疑問が出てくるでしょう。

 

そこでアヤナスの適正量を調べてみました。

ディセンシア・アヤナスシリーズの1回に使用する適正量は

  1. ローション・コンセントレート(敏感肌用化粧水)→2~3プッシュ
  2. エッセンス・コンセントレート(敏感肌用美容液)→2~3プッシュ
  3. アイクリーム・コンセントレート(敏感肌用アイクリーム)→両目で小さめの真珠2粒
  4. クリーム・コンセントレート(敏感肌用クリーム)→大きめの真珠1粒

となっています。

このようにディセンシア・アヤナスの適正量を守って使用すれば、ニキビは出来にくくなるでしょう!

 

混合肌なのに全体にまんべんなく塗った

混合肌とは、ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌や乾燥肌と油分が多い脂性肌(しせいはだ)が混合しているお肌の事。

そういったお肌は乾燥しがちな部位と皮脂が出やすい部位で使用する化粧品の量をコントロールしなければいけません。

ですがまんべんなく塗ってしまうと皮脂や油分量の多い部位にニキビが出来てしまうんですね^^;

 

基本的に皮脂や脂分の分泌が多いのはおでこや鼻などのTゾーンと言われています。

逆に乾燥しがちなのが頬やアゴといったUゾーン

なのでアヤナスを使用する際は、皮脂や油分が少ない場所には通常通り塗り、皮脂や油分が多い部位には薄めに塗りましょう。

(※肌質に合った使用量は個人差があります。量が分からい場合は使用しながら適切な量を見極めましょう)

そうすることでニキビの発生を抑える事が出来ますよ!

 

脂性肌なのに使った

脂性肌は皮脂や油分の分泌が多い肌の事。

記事冒頭でもお話ししていますが、今回ご紹介しているアヤナスはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシ」です。

つまり油分の多い脂性肌の方が使用した場合ベタつく」可能性が高いんですね。

(※現在は記載されていませんが、以前のアヤナス公式サイトには「脂性肌・脂性ニキビに方はご使用にならないで下さい」との記載がありました)

逆に考えれば、それくらい保湿効果が高いという風にも捉えられます。

脂性肌の方で「どうしても使いたい!」といった方は自分に合った使用量を見つけましょう。

以上のようにディセンシア・アヤナスを使用してニキビになってしまうのには原因があるんですね。

なので使用量をしっかり守り、自身のお肌の状態を把握していればニキビの発生率はグンと下がるのではないでしょうか!

 

とは言え肌的に合わない方には合いません^^;

しっかり使用量や使用方法を守ってもニキビが出来てしまう場合は皮膚科に相談してみましょう。

 

アヤナスにはニキビの予防効果が期待出来る成分が配合

アヤナスにはニキビ用化粧品にも負けないくらい「抗炎症作用成分」が含まれているんですね。

その成分は以下の通りです。

  • グリチルリチン酸2K
  • コウキエキス
  • トコフェロール
  • ビルベリー葉エキス
  • ローズマリーエキス
  • ラベンダー花水
  • オタネニンジンエキス
  • セイヨウナツユキソウ花エキス

このようにディセンシア・アヤナスにはニキビ予防に効果があると言われている成分が豊富に配合されているんですね。

ですがどうしてこんなに抗炎症作用成分が含まれるんでしょうか・・・?

実はそれはアヤナスが敏感肌用化粧品である事と深く関係しているんです。

敏感肌は外部からの刺激が原因でお肌に炎症が起こります。

この炎症が原因で、角質層にある「水分を維持するためのタイトジャンクションと言われる細胞膜」の構造が乱れてしまうんですね。

 

いわゆる「ダム」のような役割があったタイトジャンクションが機能しなくなると、お肌の水分が流出。

ダムの画像

その結果、乾燥肌になり肌荒れが起きてしまうんですよ^^;

こうした炎症を抑えるのがアヤナスに配合されている抗炎症作用成分なんですね。

 

つまりディセンシア・アヤナスは敏感肌専門の基礎化粧品でありながら「ニキビ予防にも効果が期待出来る」化粧品でもあるんです!

 

ディセンシア・アヤナスでニキビが?まとめ

ポーラ・オルビスグループから販売されている敏感肌専門ブランド「ディセンシア」のアヤナスはエイジングケア用の基礎化粧品。

その成分には様々な抗炎症作用成分が含まれ、敏感肌や乾燥肌対策だけでなく「ニキビ予防」にも効果が期待出来ます。

ですが適切な使用量や自分のお肌の状況を理解しないで使うと逆にニキビが出来てしまう可能性もあるんですね^^;

 

いくら高品質な化粧品でも使い方を間違えればいろいろな肌トラブルに見合われます。

そうならないためにも使用量やお肌の状態をしっかり把握した上で使ってみて下さい。

 

関連記事

ディセンシア・アヤナス|効果無しの口コミ・悪評!危険な成分が含まれていた!?

ディセンシア|アヤナスアイクリームは目元のシワ改善に効果無い!?

ディセンシア|アヤナスクリームを買うのは大損!?効果や成分に問題が!?

 

 

-アヤナスについて

Copyright© ディセンシア|アヤナス・サエル・つつむ選び方!知らないと効果なしってマジ? , 2020 All Rights Reserved.