知らないの?ディセンシア・サエルの効果的な使い方と間違った使い方とは!

投稿日:

ディセンシア・サエル公式画像

サエルはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から販売されている薬用美白ケア化粧品。

大手化粧品メーカーから販売されているだけあって高品質な化粧品です!

なのでどうせ使うなら「効果的」に使いたいですよね^^

 

そこでこの記事では「サエルの効果的な使い方と間違った使い方」について詳しくお話ししています。

ディセンシアのサエルが気になっている方は是非最後までご覧になってみて下さい^^

※記事後半ではディセンシア・サエルのお得な情報も記載しています!

 

サエルの効果的な使い方

ディセンシアの公式サイトには「サエルの一般的な使い方」が紹介されています。

その方法でも十分に効果を発揮してくれそうですが、もっと効果的な使い方があるんですね^^

 

それが

  • ホットタオル
  • 強くこすらない
  • ハンドプレス

なんですね!

ではさっそく分かりやすく使い方をご説明しましょう^^

 

使用前にホットタオルでお肌を温める

化粧水や美容液は、お肌を温めてから使う事で美容成分の浸透率がアップすると言われています。

当然サエルも同じで、お肌を温めてから使用した方がより美容成分が浸透しやすいんですね!

ですがゆっくりとお風呂に浸かれる夜ならともかく、忙しい朝にお肌を温めている時間はありません・・・^^;

 

そこで活用したいのがホットタオルなんですよ!

洗顔後にホットタオルでお肌を温めてから化粧水や美容液を使いましょう^^

ホットタオルの作り方は簡単です。

まずはキレイなタオルを用意し、水で濡らして下さい。

しっかりと水分を切ったらレンジで温めましょう。

ホットタオルの作り方

時間は30秒~1分程度(※レンジによって変わってきますので丁度良い時間を見つけましょう)で完成です!

もし顔に乗せられないくらい熱い場合は少し冷ましてから使って下さい。

顔に乗せる時間は30~60秒ほどでOKです^^

 

この使い方を実践すれば、お風呂上りと同じくらい効果的に美容成分が浸透していきますよ^^

 

お肌を強くこすらない

お肌をケアする際に強くこするのはNGなんですね^^;

世間では「美容成分を浸透させたいから!」と強くこする方が少なくありません・・・。

 

ですがお肌を強くこすっても効果的に美容成分が浸透する事は無いんですね^^;

逆にお肌を強くこする事によってダメージやストレスが蓄積され

  1. かゆみ
  2. 痛み
  3. 腫れ
  4. 赤み
  5. 乾燥
  6. 肌荒れ

といった肌トラブルになってしまう可能性が考えられるんですね^^;

これはディセンシア・サエルに限った話ではなく、その他の基礎化粧品でも同じ事。

もちろん洗顔料やクレンジングでも同じです!

お肌に摩擦を与えるとそれだけ負担がかかってしまいます。

そんな使い方をしても望むような効果は得られないでしょう・・・。

なのでサエルを使用する際は、お肌を強くこすらずに優しくマッサージするように馴染ませて下さい^^

 

ハンドプレスで浸透率アップ!

ディセンシアのサエルを使用する際はコットン等は使わずに手を使って下さい。

その理由は浸透率の違いです!

コットンを使うと、せっかくの美容成分が吸われてしまい効果が半減してしまうんですね^^;

 

なのでコットンではなく手でサエルを使って欲しいんですが、ここで注意点があります。

それはサエルを使う時はハンドプレスを行う事なんですね。

実はハンドプレスを行う事で更に美容成分の浸透率がアップするんですよ!

ハンドプレス

ディセンシア・サエルを丁寧に伸ばした後、ハンドプレスで顔全体を包み込むように頬を持ち上げます。

その時にモッチリとお肌に吸い付く感じがあればOK^^

 

最後に鏡を見てお肌に水気が残っていないか確認して下さい。

もし残っていると感じた場合はもう一度優しくハンドプレスをして、しっかり浸透させましょう^^

ハンドプレスの正しい使い方を覚えれば、サエルの効果を120%引き出せますよ!

 

サエルの間違った使い方

ディセンシア・サエルの効果的な使い方は

  • ホットタオルでお肌を温める
  • お肌を強くこすらない
  • ハンドプレスで浸透率アップ

でした。

 

ですがもし間違った使い方をしていた場合は、上記の使い方をしていても効果が半減してしまう可能性が考えられるですね・・・^^;

なのでここからはディセンシア・サエルの間違った使い方についてお話しましょう。

もし間違った使い方に心当たりがある場合は早めに直す事をおすすめしますよ!

ディセンシア・サエルの間違った使い方は↓です。

  1. 適量使わない
  2. サエルを混ぜて使う

 

サエルを適量使わない

毎日しっかりサエルでケアしているのに「イマイチ効果を感じない^^;」なんて方はサエルの使用量が間違っている可能性があります!

例えば

  • 効果を早く実感したいから1回に大量に使う
  • もったいないのでチビチビ使う

といったものです。

 

サエルに限らず1度に大量に使用すると「付け過ぎやすすぎ残し」が原因で肌トラブルの可能性が^^;

また、サエルの使用量が少な過ぎると顔全体に十分に行きわたず乾燥がちになるかもしれません。

このようにディセンシア・サエルは、適正量を使わないと効果が表れにくいんですね・・・^^;

 

サエルの適正量は

  1. 化粧水(ローション)・美容液(エッセンス):2~3プッシュ
  2. クリーム:大きめの真珠1粒くらい
  3. CCクリーム:小さめの真珠1粒くらい

となっています。

 

せっかくの高品質な化粧品でも適正量を守らないと効果は半減します!

もし「心当たりがある^^;」場合は適正量に調整して下さい。

 

サエルを混ぜて使う

ディセンシア・サエルには化粧水→美容液→クリームの3ステップがあります。

なので忙しい朝なんかは「3つまとめてやってしまいたい!」と思ってしまったりもしますよね^^;

ですがサエルを混ぜて使うのは絶対にNGなんですよ!

何故なら化粧水も美容液もクリームも、用途別に分けられた成分で作られているため水分や油分の配合量が違うんですね。

そのため混ぜて使ってしまうと効果的に機能しなくなってしまうんですよ・・・^^;

 

使用する順番も「化粧水→美容液→クリーム」を守りましょう。

使う順番が違うと効果が無いどころか、美容成分の浸透が阻害されインナードライになってしまう可能性も考えられますのでご注意下さい。

 

更に効果的に使うには?

サエルの間違った使い方を理解し正しい使い方を実践すれば、効果をしっかりと実感する事が出来ます。

ですが「もっと効果を感じたい!」といった方もいらっしゃるでしょう。

そこでディセンシア・サエルの更に効果的な使い方をご説明したいと思います。

 

その使い方は

  • ライン使い
  • 毎日使う

なんですね!

 

更に効果を感じたいならライン使い

ディセンシア・サエルは化粧水・美容液・クリームの3ステップをラインで購入する事が出来ます。

もちろんライン使いをしなくてもサエルは十分期待に応えてくれるでしょう。

ですがやっぱり同じシリーズをラインで使用した方が高い効果が得られるんですね。

 

なので更に効果を実感したいならディセンシア・サエルのライン使いがおすすめですよ!

 

でもラインで購入するならまず最初にお肌との相性や使用感が知りたいところですよね・・・。

そんな方にはサエルのトライアルセットが最適なんですよ!

サエルのトライアルセットなら、お試しでお肌との相性や使用感のチェックが出来るんですね^^

↓詳しい事は「ディセンシア公式サイト」をご覧になってみて下さい!↓

サエルのトライアルセット

 

 

 

毎日続けて使う事で効果アップ!

お肌のターンオーバーは一般的に28日程度と言われています。

(※年齢や肌質によって異なります)

なので健康的でみずみずしいお肌はもちろんの事、美白肌を実現しようと思ったらそれなりの時間が必要となるんですね。

そのため毎日欠かさず使い続ける事が大切なんですよ。

1日2回(朝晩)毎日使う事で、更にサエルの効果を実感出来るでしょう^^

 

まとめ

ディセンシア・サエルの効果的な使い方は

  • ホットタオルでお肌を温める
  • お肌を強くこすらない
  • ハンドプレスで浸透率アップ

でした。

そしてサエルの間違った使い方は

  1. 適量使わない
  2. サエルを混ぜて使う

なんですね。

更に効果的に使う為にはディセンシア・サエルを

  • ライン使い
  • 毎日使う

といった事が大切なんですね。

このようにサエルの効果的な使い方を覚えて理想の美白肌を実現しましょう^^

 

関連記事

ディセンシア|アヤナス・サエル・つつむ選び方!知らないと効果なしってマジ?

 

 

-サエルについて

Copyright© ディセンシア|アヤナス・サエル・つつむ選び方!知らないと効果なしってマジ? , 2020 All Rights Reserved.